陶房 土舎楽

donjara.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:窯出し( 10 )


2013年 11月 13日

窯出ししました

寒くなりました。

昨日も霜や薄氷が張った様ですが気付かず、

なので、今朝 庭をグルっと散策・・・。
d0177600_15595595.jpg


こんな低い所に鳥の巣が!

と 驚いたのですが、じいじが孫ちゃんの為に柿の木にあったのを持って来ていたのでした^^;

葉っぱやバラの蕾も霜でうっすら・・・。

陶芸室の屋根は、まだ霜で真っ白です。





19日からの作品展の為に、日曜の深夜から(2時頃)窯焚きをしました。

9時間半で950度になったところで還元焼成に

合計14時間で1230度まで上げ、ねらしなしで終了

18日の作品搬入に間に合わせようと急いだのですが

14時間なら月曜の朝からでも良かったなと・・・。

徹夜が辛いお年頃になってしまいました^^;
(数々の失敗をしてしまいましたよ)




今回は粉引メインなので弱還元焼成でした。
d0177600_1633767.jpg

d0177600_16312539.jpg

御本があまり出ていませんが、落ち着いた良い雰囲気に仕上がったと思います。


かと思えば
d0177600_1632169.jpg

粉引なのにこんな赤が!
土のせい?なんでしょう?
こんなのは初めてです。


先日の取っ手3兄弟(前回の記事)
d0177600_18345187.jpg




山の薪窯で焼いた塩釉作品
d0177600_18353763.jpg
d0177600_18354538.jpg



電気窯で焼いたチタンマットのカップ達
d0177600_1838411.jpg
d0177600_18384840.jpg


他には作りだめていた花入れなどの薪窯作品を展示する予定。


***おんなだけの4人展***

陶芸の他 ガラス 手織 灯り
など楽しめる展示会になると思いますので是非お越しください。
詳細は18日搬入の様子と一緒にご案内いたしますので・・・。

期日は11月19日~25日までです~♪



ランキングに参加しております。
励みになりますのでポチっと宜しくね~。
      
人気ブログランキングへ
[PR]

by donjarahoi1128 | 2013-11-13 18:56 | 窯出し | Comments(0)
2013年 07月 18日

70%成功かな?

窯出ししました。
d0177600_12425575.jpg

9時間で950℃まで上げ、950℃から還元焼成。

14時間半で1234℃まで上げスイッチオフ。

粉引なので1220度まで上げて、ねらしをちょっと と思っていましたが うっかりしていたら1234度まで上がっていたので、

まあいいやと即スイッチを切ったのですが・・・。
d0177600_12343236.jpg

御本手もよく出て 良い雰囲気ではないでしょうか~♪

カオリン500g 蛙目土1kの化粧土  左が3号透明釉 右粉引釉 土は近江土赤

近江土は鉄分が多いのか御本がたくさん出ますね。

赤土Cでも大人し目の御本が出ましたよ~。
d0177600_12404836.jpg
d0177600_1241615.jpg


以前はカオリン中心の化粧土を作っていましたが、蛙目土多めのこの化粧土でも
全然OKですね!

失敗30%は教室の電気窯で焼いたチタンマットと、うの斑の発色と、灯油窯の還元焼成の発色がまったく違った事・・・。

そりゃそうだけど、想定外の違いでした007.gif

頼まれていた珈琲カップ、作り直さなければ・・・。






昨日は作品展を行ったギャラリーが夏休みに入るのでお茶でも、と お誘いがありました。

作品展の期間中きもので通したので、着物で出掛けました。
d0177600_1321563.jpg

棉麻の夏大島 男物の反物を女物に仕立てて頂きました。
d0177600_13251546.jpg

棉麻 涼しいです~。

帯は半幅帯 貝の口結び。

2分組紐にトンボ玉の帯留め。

着物 いいですね~、もっぱら今の趣味は着物になってしまいました006.gif





陶芸も頑張りますのでポチっとクリックお願いね~049.gif

人気ブログランキングへ
[PR]

by donjarahoi1128 | 2013-07-18 13:37 | 窯出し | Comments(0)
2012年 09月 23日

霧の登り窯

急に寒い位の陽気になってしまいました。

窯出しの山は雲の中・・・。

霧で真っ白でした。
d0177600_21475665.jpg



心配していた棚の崩れや、作品の壊れも無く、無事焼けていましたよ。



今回は久々の地下式穴窯でした。


登り窯より渋めの焼き上がりです。(三段陶箱)
d0177600_21521778.jpg



貝の跡もしっかり付いています。(四角皿)
d0177600_21533436.jpg

この貝(赤貝)をゲットするため、魚屋さんに行くと、食べる目的より窯焚きに使う事を優先して貝を購入してしまいます006.gif

口元を壊してしまった壺も、さらなる壊れもなく
d0177600_2201613.jpg

唐津土なので、正面では火の勢いが強すぎるかな、と思いましたが無事でした。



唐津土の湯呑み
d0177600_2231735.jpg




信楽土の湯呑み
d0177600_224922.jpg




正面下に置いた四角皿はやはり火の通りが悪く期待した様には焼けませんでした。
d0177600_2264471.jpg

これはマイ灯油窯で焼きなおしてみようと思います。
緋色が際立つ事がありますし、灰が溶けて良い感じになってなってくれると良いな・・・。



明日からは作品の仕上げ作業と、10月半ばの塩釉窯にむけての作品作りを頑張らないと!
いよいよ追い込みに入ってきましたよ~。
作品展まで後1か月弱です。




励みになりますので1ポチよろしくね~。

人気ブログランキングへ
[PR]

by donjarahoi1128 | 2012-09-23 22:25 | 窯出し | Comments(2)
2012年 09月 04日

1からやり直しです   トホホ・・・(涙)

朝晩めっきり涼しくなりましたが、日中は昨日今日となんだか蒸し暑い002.gif

先日焚いたmy灯油窯。

すっかり久々だったので操作も取扱い説明書を見ながらでした・・・(涙)

そして問題の、間違って透明釉を混ぜてしまった化粧土の焼け具合はと言うと。
d0177600_16155438.jpg

白ではなくグレーです007.gif
d0177600_1617793.jpg

これも・・・。
d0177600_16172684.jpg

全滅です・・・。


混ぜる前の化粧土は。
d0177600_1618154.jpg

こんな感じや、
d0177600_16185260.jpg

d0177600_1626463.jpg


こんな感じ。御本も出ています。






失敗です・・・。
釉薬も、御本手釉、粉引釉、3号透明釉とテストしてみましたが、どれも際立った違いは見られませんでした。


化粧土を作り直してやり直しです。
甘くはなかったですね。
いい勉強になりました。




そして、蚊帳目の織部皿は。
d0177600_16245778.jpg


まずまずではないでしょうか?

土の赤味をもう少し明るめにしたら織部の色が明るく出るかも。

11月の3人展に向かって急がなければなりません!

他の方にご迷惑がかからないよう良い物を作りたいと思います。






ご訪問ありがとうございました。
励みになりますので1ポチ宜しくね!


人気ブログランキングへ
[PR]

by donjarahoi1128 | 2012-09-04 16:35 | 窯出し | Comments(0)
2011年 12月 23日

さあ、どうでしょう~!

寒さがいよいよ本格化!
しまむら(知ってます?)のダウンコートを持って(これは汚れても良い窯用)、ユニクロのダウンコートと、もこもこフリースジャケットを持って、コットンTシャツに羊毛カシミア混のロングセーター、インナーはヒートテック長袖シャツ、すべてユニクロ!と言ういでたち(爆)

何しろ標高800メートル(確か?)の山の上の窯場ですので、どんな寒さにも対応出来るよう万全の備えをして行きます001.gif
d0177600_22324094.jpg

見えますか?
正面の山の中腹に集落が!

あの集落の少し左上あたりに登り窯があります。
窯のすぐ横を川が流れているからなのか、窯焚きをしているときの煙は川に沿って流れ、この橋から煙が見えた事はめったにありません。






私の作品が入っているのは1の間と言い、正面の焚口がある部屋の次の部屋。
焚口は横になります。

d0177600_22514393.jpg

閉めていた焚口が開けられました!
d0177600_22522661.jpg

おおー!


・・・・・・・・・・・・


まだ、体調が万全でない私は自分の作品が収まっている棚の写真を撮る事を忘れ、
d0177600_2257521.jpg

こんな大雑把な写真しか撮らず・・・。

粉引の作品は薪窯では鞘に入れないとうまく焼けないのでしょうか?

焦げたようになっています(温度が高すぎた?)

御本が出ていません(還元になっていなかった?)

灯油の還元で焼いたのとは全く雰囲気が違います。

でも、ま、こんなもんでしょうと気分を切り替える事に・・・。
緋色が出ているのはありますので001.gif
仕上げをしたらまたアップしたいと思います(写真がこれしかないので・・・)


他の人の作品は撮ったんですよ・・・。
d0177600_2394359.jpg

窯の蓋を開けてくれたマスクをしているお父さんの作品!友人のご主人なんですが手先が器用で
五重塔もお作りになった位!
周りの盆栽鉢もこの方の作品です。




そして、窯出しに来られなかったKさん
d0177600_23231837.jpg

写メールでは小さくて分かりずらかったと思い載せてみましたが・・・。
まだ、灰が残っていて綺麗に見えませんね002.gif

ふんわりした上品な色合いに焼きあがっていると思います。

貝の跡がゴールドに輝いていますよ001.gif




今年最後の窯出しはこんな感じでした。
作品展に出せる様な物があるかしら・・・?
ちょっと心配。







ご訪問ありがとうございます。
ポチっと1押し、応援よろしくね~。

人気ブログランキングへ
[PR]

by donjarahoi1128 | 2011-12-23 23:59 | 窯出し | Comments(2)
2011年 12月 15日

自覚が足りません

また、久しぶりの更新となりました・・・。

この間、シルバーの教室の絵付け&釉掛けがあったり、通常の教室があったりしましたが、

写真を撮るのを忘れたり(教えるのに夢中になると、つい忘れてしまいます)

カードを入れ忘れたり・・・008.gif

ブログを書いていると言う意識を忘れてしまう事が度々です・・・。


・・・・・・・・・・・・



昨日は山の窯へ、登り窯の窯詰め&塩釉の作品を取りに行って参りました。
しっかりカメラを持って。
d0177600_14463990.jpg

火前はもう詰め終わりそうです。


私の作品は粉引なので、あまり灰の被らない1の間の奥の方へ詰めました。



最近は〇ちゃんの厳しい指導の下に自分で詰めなければなりません(厳しくはありませんが、自分で詰めるのが・・・辛い)いろんな意味で(爆)
d0177600_1451425.jpg

吹き掛けした透明釉がしっかり溶けきるかちょっと心配・・・。








そして、今回の塩釉!
焚き方はいつも通りだそうですが、何が違うのか・・・。
d0177600_1534898.jpg

素敵です!

赤鍋土に化粧土を掛け透明釉を吹き掛け。
d0177600_15114180.jpg

d0177600_15131058.jpg

化粧土を掛けた部分の肌質、色が何とも言えない良い色に焼き上がりました003.gif
化粧土の配合が今までと違うからなのか?





そして、信楽土に大正黒(下絵具)でアクセントをつけたカップ&ソーサー
d0177600_15201340.jpg
d0177600_15205859.jpg

そして片口

色は黒なんですが塩釉で焚くと濃紺に焼き上がります。
骨董の染付の色に似ていて、呉須の紺よりシックで好きです001.gif
ますます塩釉にハマってしまいました。







自宅のギャラリースペースをちょっと模様替えしました。
d0177600_15313736.jpg

大きくなり過ぎて場所を取り過ぎ気味なクワズイモ!
d0177600_15333983.jpg

移動させるのも重くて大変です。

何時になるやらお店の本格オープン・・・!
あとチョットの勇気と背中の一押しが・・・025.gif





今週末は窯焚きが2日間

町の教室の窯も土曜ぐらいには窯出しが出来るので楽しみです。




ご訪問ありがとうございました。
ポチッと押して頂けると嬉しいです~001.gif

人気ブログランキングへ
[PR]

by donjarahoi1128 | 2011-12-15 16:07 | 窯出し | Comments(0)
2011年 08月 28日

登り窯の窯出しです

8月も後半となり、大分暑さのピークは過ぎたと思われますが・・・

今年は残暑が厳しいとか、蒸し暑さが無く 朝晩が涼しいとそれだけでも助かりますね042.gif

虫の声も多く聞こえるようになりました。



   ***********



今日は登り窯の窯出しに行って参りました。

窯焚きをしているときから見えていた中は大暴れ!
d0177600_20451210.jpg


おっさん鉢巻をしていた壺は無残にも割れ崩れ(薄かったし、唐津土が半分位だったので想定はしていましたが・・・)
割れた壺にはススキやツワブキでも植えて楽しみましょう001.gif
d0177600_20452986.jpg



ちょっとショックだったのは、石で叩きながら上げていった花入れ。
d0177600_20473250.jpg

左の真ん中あたりが後ろに倒れて窯の壁にくっつき、剥がす際に穴が開いてしまった事・・・。

薪を入れる時に押されたんでしょう・・・。
正面でしたが、後ろ向きで使う事にします007.gif



先日の石膏型の勉強会の作品も焼き上がりました。
d0177600_20545564.jpg

何土だったんでしょう?
黄色っぽく焼けていますが、こんな色は初めてです。

今後作る時はどんな土を選んでみようか思案中。







東京から体験でいらしたMさん、焼けましたよ001.gif
d0177600_211189.jpg

どうでしょうか?
気に入って頂けるかしら~。


Aさんも、こんな感じに上がりましたよ~。
d0177600_2131114.jpg


外での撮影なのでテカっていますが、まずまずではないでしょうか・・・。
お料理を盛ると一段と器が映えますよ、楽しみです。

これに懲りずにまた登り窯へお越しください040.gif

   ~~~~~~~~~

そして重労働の棚板のお掃除!
d0177600_21115467.jpg


そんな苦労をしても薪窯の魅力には勝てません。
d0177600_21145734.jpg


心配していた雨も降らず作業を終える事が出来ました。

今日の反省が次回からの作品に生かされればいいなと思いつつ・・・、
明日から頑張ろうと思ったワタクシでした。





ランキングに参加しています
励みになりますので、ポチっと宜しくお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]

by donjarahoi1128 | 2011-08-28 21:32 | 窯出し | Comments(2)
2011年 07月 09日

予定外の窯出しをしました。

近畿、東海地方の梅雨明けに続き

関東、甲信地方も早ければ今日、梅雨明け宣言が出されるとか。

ジメジメが無くなりカラッとなればいいのですが・・・。

猛暑の夏になりそうです042.gif




058.gif      058.gif      058.gif




昨日、東京からやって来た友人3名と増穂登り窯へ行って参りました。
薪窯の醍醐味を体験していただきたいと思い、ご案内いたしました。

下界は猛暑でしたが、車から降りると涼しい風がお出迎えです。
3人はそれぞれ力作に取り掛かりましたが、
せっかく来たのだからと、私は先日焚いた塩釉窯の窯出しをすることになり・・・。
d0177600_11165489.jpg

まだ、窯の中は暖かい
d0177600_11174328.jpg

作陶していた3名様も急遽棚板のお掃除005.gif

〇ちゃん人使いが荒いね~(笑)
レディー(?)でも容赦ありません。

慣れない手つき、腰つきでご苦労様でした003.gif

今度は窯焚きね~006.gif




今回の塩釉の作品
d0177600_11233834.jpg

d0177600_11235674.jpg

d0177600_11241269.jpg

赤土に化粧土を掛けて、素焼きをしてから入れた為か
生で入れた時とは幾分違った焼きになりました。



こちらは、生で入れた鉢を置く台
d0177600_11264667.jpg

塩の影響が濃く出ています。



そして、帰りがけ無断で頂いた友人宅のビワを盛って見た器
d0177600_11313085.jpg



薪窯の魅力にますます嵌ってしまいます。





ご訪問ありがとうございました。
ポチっと押して頂けると励みになり大変嬉しいです。
      人気ブログランキングへ

     
[PR]

by donjarahoi1128 | 2011-07-09 11:45 | 窯出し | Comments(0)
2011年 01月 26日

窯出しです

教室の電気窯の楽さに慣れてしまってから

マイ灯油窯を焚くのが億劫になってしまっていましたが

案ずるより産むがごとし、案外気楽に焚けました001.gif

前回の窯焚きが2010年4月21日!

随分間をあけちゃいましたね~008.gif

釉薬も考えなければならないので今年は頻繁に焚くつもり006.gif

午後2時に点火して夜9時まで、微調整は1回あったもののすんなり639度まで上がりました、なんて優秀な窯でしょう~001.gif

10時半に970℃になっていたので還元開始
翌日の午前10時まで1230℃で終了です。
今回は20時間焼成でした

化粧土を掛けたカップ、基礎釉に桃の木の灰を入れた釉薬を掛けました。
d0177600_11402095.jpg

綺麗なグリーンが出ています
縁は化粧土の剥がれを予防するため薄く掛けたので茶色くなっていますが、釉薬が流れたのではないので、念のため^^;







d0177600_11492410.jpg

御本手が出ていますね~

釉薬に御本手釉を買って使ってみました
邪道でしょうか・・・
もう、邪道でも何でもいいです^^;
これでいきます!
(良いカオリン&透明釉が見つかるまでだけどね)




こちらは陶板土で作ったお皿に鬼萩釉、なめらかな土に掛けるよりカイラギが出ますね。
d0177600_1155026.jpg



友人のお皿には桃の木の灰で作った釉、弁柄でアクセント。
d0177600_11571412.jpg

             どう?気に入って貰えるかしら・・・





娘の依頼のアロマポット、鬼萩釉
d0177600_1232697.jpg





お茶碗に模様を描くのは止めた方が良さそうです007.gif
d0177600_1244626.jpg




なんやかんや、楽をして良いものは作れませんね、
釉薬もここ何年も作っていませんでした。
基礎釉に自家製の灰を入れてもそれなりです・・・
原点に戻ってやり直しです066.gif




ランキングに参加しています
励みになりますのでポチっとお願いね~。

人気ブログランキングへ
[PR]

by donjarahoi1128 | 2011-01-26 12:23 | 窯出し | Comments(4)
2010年 12月 26日

登り窯の窯出し

今年最後の登り窯の窯出しに行って来ました。

d0177600_1722749.jpg

たっぷりと灰を被った作品が見えます!

d0177600_1723399.jpg

窯を焚いている時は灰が溶けピカピカでしたが、最後に温度を下げながら焚いたのでマット調に仕上がっています001.gif


生徒さん達の作品です。
d0177600_1727219.jpg

d0177600_1727417.jpg
d0177600_17275079.jpg

みな良い色に焼けてとても喜んで頂けました
嵌りそうですよ~001.gif



東京のHさん、Mさん、焼き上がりましたよ
いかがでしょうか~
d0177600_1730622.jpg

d0177600_17305852.jpg



ワタクシの作品達
d0177600_1734104.jpg

d0177600_17343160.jpg
d0177600_17343925.jpg

貝の跡が効いていますね~^^
次は大物の壺を作りたいです049.gif


今日はゲージツ家のくまさんもお見えになっていましたよ~♪
左側です、右は増穂登り窯代表の太田さん
d0177600_17461765.jpg

ご自分の作品をパチリ!
d0177600_17472056.jpg






棚板の清掃
d0177600_17364665.jpg

d0177600_1737334.jpg

こびりついた灰を削り、アルミナをコーティングしていきます。
この作業が一番大変!
日向は暖かいのですが、日陰ではシンシンと冷えてきます002.gif
早めに片付けに取り掛かったので午前中に作業は終わりました。

作品を仕舞う午後には風も吹いてきて寒い、寒い!!
d0177600_17593976.jpg





登り窯のある増穂町は柚子の産地です。
今日のお土産は柚子うどん!どんなお味なんでしょう!
d0177600_1752967.jpg


後はマイ灯油窯を年内に焚く予定です066.gif
粉引が中心です、楽しみ~。


ご訪問ありがとうございます~。
お帰りの際はぽちっとワンクリックお願いね001.gif

人気ブログランキングへ
[PR]

by donjarahoi1128 | 2010-12-26 18:24 | 窯出し | Comments(4)